Page: 1/1   
ボタン研究所
0
    更新が滞っている間に、年が明けてしまいました。
    大変に遅ればせながら…

    明けましておめでとうございます。
    今年もこんなゆるい感じで思い出したように更新してまいります。
    よろしくおつきあいください。

    さて、秋田県内陸南部の横手市では
    とんでもない大雪になっています。
    この調子でいけば48豪雪を越えるのではとさえ
    言われています。
    日常生活を維持するのだけでも大変なのですが、
    それでもどっこい、雪国の人は元気です。

    その横手市の学校橋雑貨店で昨日から
    大雪をものともせず
    ボタン研究所の展示が始まりました。

    ボタン研究所

    ボタン研究所とは
    『ボタン好きが 「ボタン」をテーマに
    ボタンで遊ぶ集団』だそうです。
    詳細はボタン研究所のサイトをご覧下さい。
    http://botan-laboratory.jimdo.com/

    研究所には、小西堂でお世話になった
    ガラスのこむれみほさん、Glass Craft 六根さん
    陶器のこっそり工房さんも参加されています。

    いろいろな素材の小さなボタンが沢山集まります。
    手芸好きにはもちろん、めんこいものに目のない方には
    よだれの出そうなイベントです。
    期間は2月1日までですので、雪の晴れ間を見て
    お出でになってはいかがでしょうか。

    【ボタン研究所】
    日 時/平成26年1月17日(金)〜2月1日(土)
        午前11時〜午後5時30分まで
    場 所/学校橋雑貨店
        〒013-0021 横手市大町8-2
    電 話/0182-33-3845
    | 六郷小西堂 | 21:16 | comments(3) | trackbacks(0) | - |
    八橋人形の魅力・プレ小品展
    0
      江戸時代から続く秋田市八橋の郷土玩具・八橋人形は
      後継者が育たぬままに最後の職人・道川トモさんが
      体調を崩され、とうとう作り手がいなくなってしまいました。
      土人形独特の素朴な味わいが愛された八橋人形を惜しみ
      その魅力を伝えるグループ展が開かれます。

      私も以前に道川さんを取材した折に描いたイラストを含め
      何点か協力出品いたします。

      八橋人形ハガキ

      政岡悦子さんは、秋田市在住の水彩画家。
      植物の絵をよくお描きになりますが、実は大の八橋人形ファン。
      コレクションもされていますし、その素朴さをそのまま絵にも描かれます。
      ハガキの絵も政岡さんの作品です。

      八橋人形ハガキ

      プレ展と銘打っているのは、来年本展を開催する予定だからです。

      フライヤーはこちら。
      八橋人形チラシ

      pdfでのダウンロードはこちらから→フライヤーpdf
      小さなギャラリーですが、内容は盛りだくさんになりそうです。

      【八橋人形の魅力・プレ小品展】
      日 時/平成25年11月20日(水)〜11月24日(日)
          午前10時〜午後5時(最終日は4時まで)
      場 所/モンパルナス通り 響画廊
          〒010-0001 秋田県秋田市中通2丁目1-22
      電 話/018-833-6121



      大きな地図で見る
      | 六郷小西堂 | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      平成24年度 日本民藝館展 −新作工芸公募展−
      0
        目黒区駒場にある日本民藝館は、公式ページによると
        「「民藝」という新しい美の概念の普及と
        「美の生活化」を目指す民藝運動の本拠として、
        1926年に思想家の柳宗悦らにより企画され、
        実業家で社会事業家の大原孫三郎をはじめとする
        多くの賛同者の援助を得て、1936年に開設された」ものだそうです。

        民藝館展ポスター

        この日本民藝館で年に一度開かれる公募展が「日本民藝館展」です。
        「民藝」の美を目指す作家さんたちの発表の場となっています。
        毎年200人以上2000点余りの応募があるそうで、
        この中から選ばれ展示されることは
        作り手にとって大変な励みになることだと思います。

        この民藝館展に、六郷小西堂とおつきあいくださっている
        星耕硝子の伊藤さんの作品が展示されています。
        フェイスブックページには審査結果通知の写真が!

        今までにも伊藤さんの作品の写真はいくつか御紹介してきましたが、
        これは2年前に店に並べさせていただいていたもの。

        星耕硝子のグラス
        どこか懐かしい色と形のグラスたちです。

        今回日本民藝館で展示されているのがどのような作品かはわかりませんが
        伊藤さんらしい生真面目な温もりのある器なのだろうなと想像する次第です。
        お近くの方は是非覗いてみてはいかがでしょうか。

        平成24年度 日本民藝館展 −新作工芸公募展−

        12月9日(日)〜12月23日(日)
        10:00〜17:00 月曜休館(祝日の場合は開館し、翌日休館)
        入場料・ 一般1,000円 大高生 500円 中小生 200円

        会場・日本民芸館
        〒153-0041 東京都目黒区駒場4-3-33
        TEL 03-3467-4527



        大きな地図で見る
        | 六郷小西堂 | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        工藤修二作陶展「冬支度」
        0
          秋からの展示でお世話になった
          宮城県栗原市花山の座主窯・工藤修二さん。
          ただ今弘前で個展を開催中です。

          工藤修二作陶展

          DMの写真がいいですね。
          人の手が入ってるのって珍しいと思いますが、
          日用の器として胸を張っているようですてきです。
          酒瓶の色もいいなぁ。これはひとつやりたくなりますね。

          弘前での個展は初めてとのこと。
          私も行ってみたいけど…、ちょっと遠いかな。

          KUDO Shuji「冬支度」

          12月8日(土)〜12月16日(日)
          10:30〜18:30 火曜定休

          会場・CASAICO
          〒036-8093 青森県弘前市城東中央4-2-11
          TEL 0172-88-7574



          大きな地図で見る
          | 六郷小西堂 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          企画展「12月のおくりもの」
          0
             「12月のおくりもの」は昨日から始まっている「うつわ 茜」さんの企画展です。

            茜さん

            「うつわ 茜」さんは六郷の隣町・横手市にある器屋さん。
            六郷小西堂よりぐっと大人っぽい品揃えのお店で
            行くたびに、その渋さにうならされます。

            昨日から始まったこの企画展は、
            なんとガラスのアクセサリーとリースアレンジのコラボレーション。
            いつもとちょっと違った路線ですが、クリスマスにはうってつけ。
            楽しい展示となっているようです。

            展示されているガラスのアクセサリーは、
            六郷小西堂恒例の夏のガラス展で毎年お世話になっている
            こむれみほさんの作品です。
            こむれさんの作品のイメージといえば、「コロコロかわいい」。
            ご本人もコロコロと明るく笑う可愛い方です。
            クリスマスカラーのかわいいアクセサリーが楽しめそうです。
            お店の様子は茜さんのブログで見ることができます。

            「12月のおくりもの」

            12月1日(土)〜15日(日) 会期中無休
            11:00〜17:00

            場所 うつわ 茜
            〒013.0027 横手市平城町6-13 
            TEL0182-23-9106




            大きな地図で見る
            | 六郷小西堂 | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            はっち市
            0
              もう終わってしまったイベントなんですが、
              青森県八戸市で行われたイベント・はっち市に行って来ました。

              はっち市フライヤー
              開催は11月23日(金)から25日(日)の三日間。
              会場は八戸ポータルミュージアムはっち

              24日(土)の朝に出発、4時間かけてたどりついた八戸のはっち市は、
              五階建てのビル全館が会場になっているという豪勢さ。
              なんだかおしゃれな雰囲気だし、参加作家さんは沢山だし
              どなたの作品も見応えあるし…。
              ちょっとクラクラしてしまいました。

              そんなわけで、カメラを持っていったくせに
              ろくなものは撮れていないという…。

              人形
              はっちに常設されている展示品の人形。
              えんぶりという八戸の民俗芸能で、国の重要無形民俗文化財だそうです。
              人形の動きや表情がよくて思わずパチリ。

              落書きの部屋
              こちらはちびっこアートひろば
              一部屋まるまる落書きスペース!壁や段ボール製のオブジェに
              子どもたちが思いっきり筆を走らせてます。
              色の氾濫が圧巻!

              屋台
              おしゃれ空間のはっちを出るとすぐこんな屋台が。
              良い感じ。。。

              というような写真ばかりで、ちっともクラフト的なものがありません。

              はっち市
              かろうじてあるのがこんなの。
              いや、これじゃなにがなんだかわかりません。
              それぞれの作家さんの作品やその展示の仕方など
              そういうのを撮っておくべきでしょと深く反省中…。


              ところで、参加作家さんについてはこちらが詳しいです。
              はっち市店舗紹介
              このサイトを見てもわかるように、ライブありワークショップあり
              実に気合いのはいったイベントです。
              八戸市が全面バックアップということで、町ぐるみなんですね。
              その熱気にあてられつつ、夜は六郷小西堂なじみの作家さん、
              こっそり工房・及川さんと星耕硝子・伊藤さん、それに
              秋田の若き陶芸家・成田昌平さんと屋台で飲んできました。

              ここでも写真を撮り損ね…。
              でも及川さんがちゃんとレポートしてくれてます。
              こちら
              全然気付かなかったけど、ちゃんと撮ってるんですねぇ。えらいなぁ。
              炉端焼きの美味しい屋台は、すきま風が冷たいのもまた風情。
              楽しい八戸の夜でした。
              | 六郷小西堂 | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              「美術日和」
              0
                六郷小西堂が冬眠している間も、作家さんたちはそれぞれ個展やグループ展、
                あるいはイベント等で活動をされています。
                そこで、「徒然・六郷小西堂」ブログでは折りにふれて
                みなさんの動きをお知らせしていこうと思います。

                まず最初に御紹介するのは、平面作家の高橋俊介さん。

                高橋さんの作品は、色合いの鮮烈さが印象的です。
                六郷小西堂の店内に飾らせていただいたことはないのですが、
                2009年に行ったイベント「徒然市」に参加していただきました。
                平面作品もありましたが、この時は小さな立体もあって。
                その小さな作品が、こちら
                やはり色使いがビビットで、かわいい。
                今回の作品展は平面中心の展示のようです。
                会場となっているオルタシア舎は、貼り絵作家のsanemiさんのギャラリー。
                こじんまりアットホームな空間に、どんな色が広がるのか楽しみです。

                高橋俊介美術日和

                高橋俊介 美術日和 平面作品展

                11月30日(金)〜12月2日(日)
                12月7日(金)〜12月9日(日)
                11:00〜18:00 入場無料(日曜日のみ作家在廊です)

                会場・貼り絵ギャラリー オルタシア舎
                〒010-0042 秋田市桜2-32-26
                TEL 070-6950-8485



                大きな地図で見る
                | 六郷小西堂 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

                Calendar

                    123
                45678910
                11121314151617
                18192021222324
                252627282930 
                << June 2017 >>

                Profile

                Search

                Entry

                Comment

                Archives

                Category

                Link

                Feed

                Others

                無料ブログ作成サービス JUGEM

                Mobile

                qrcode